読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんだサイクル

社会人レーサーのライド日記

チャレンジロード

f:id:gonda555:20140408000818j:plain

チャレンジロードA-Uクラスに参戦してきました。

 

目標は全日本選手権の出場権が得られる30位以内。

前日入りし、体調はほぼ万全の状態、膝の痛みも運良く痛みが消えている状態で臨む。

スタートは14時。時間もあるので当日宿から修善寺まで自走。膝の調子も確かめつつ、ゆっくり亀石峠をダンシングしながら。問題なしであった。

アップは1時間ほど前から。3本ローラーで30分ほど。途中VESPAPROを飲む。735円もする高級品だ。それくらい気合いは入っていた!

 

スタートは前から6列目くらいか?後ろにはピンク色の日大がゾロゾロ。

雲行きが怪しくなり、ポツポツと粒の大きい雨が降り始めながらのスタート。

スタート直後の下りで前へ。下りきった後の上り、自分が不得意に感じるセクション。皆は下りのスピードの勢いでグイグイ踏んでいく。1、2周目は特にスピードが速い。そこでグイグイ踏んでいけない自分。前に位置するのは、スピード差があっても千切れないようにするため。前の方が絶対消耗は少ない。

単独でポツポツ飛び出していく選手がいるもののすぐに集団が追う。40kmの短いレースではいつもこんな展開ではあるが、目が痛いほど鮮やかなピンクのジャージの選手たちは、その人数の豊富さを利用し、取っ替え引っ替えアタック。学連のレースもこんな感じ。自分たちはただそのスピードの上げ下げに耐え、チャンスを伺う。

ただ、今回はいつも以上に息が上がっていた。他の選手もキツそうな顔であったためにみんなキツイんだ、自分だけではないかー。と感じていたがしかし・・・

 

4周目、ぱーっとまた飛び出した選手を集団で追っかけ。

踏んでるんだけどズルズル。。。心拍きつ。。。と

一気に集団からおさらば。大体この強度はついていけてたはずだが。。。

雷ゴロゴロ、ホームストレートで前が見れないほど顔にぶち当たる雹。。。

落ちてきた先輩と追いついてきた先輩とで3人でなんとか集団に戻ろうとするも、3人とも疲れきってる。

とりあえずひたすら走り切るのみ。1つでも上の順位で。あの悪天候の中両親もサポートの皆も応援してくれている。ラストの秀峰亭の上りで出し切った。約160台中89人完走の50位。30位には到底及ばなかった。冬場に全く乗れなかったことの影響は大きかったか。言い訳にはしたくないのだが、その影響は少なからずはあると感じさせられた。遅れを取り戻すためにしっかり練習をしなければ。

もがきなど心肺機能を高めるトレーニングを重点的にやっていく。

次戦は4月12、13日の菜の花クリテ。すぐに結果は出ないと思うが、次第に調子を上げていければと思う。