読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんだサイクル

社会人レーサーのライド日記

ジャパンカップ オープンレース

レース

10月18日、ジャパンカップのオープンレースに参戦。

 
このオープンレースは、全日本選手権の出場権が得られる数少ないレース。
高校時代から毎年参戦していて、かれこれ5年目?とかですかね。このレース走ると、「これぞロードレース!」と感じます。(まだ語れるくらい自転車歴長くない)
 
これまでの戦績は、良くも悪くもない感じ。大体オープンレースは、完走したらそこそこよ!と言われますが、完走はいつもできるのです。ただ、出場権獲得圏内である20位以内には全く入ったことがない。
 
今回の目標は、全日本選手権の出場権を獲得することであった。(20位以内)
 
f:id:gonda555:20141114235717j:plain
 
このようなペイントを見つつ(ありがとうございます!はよ!ほんとはよ!)いつも通り試走をしてから、ローラーでアップ。今回はいつもより長めに回した。(40分くらい?)このレースの特徴としては、序盤の古賀志林道で全力出し続けなければならないペースで登ってくので、長めのアップが必要。まるでシクロクロス
調子自体は良くも悪くもない感じだった。
 
アップ後、これも毎年恒例行事、スタート前のスタート位置取り合戦。真ん中よりちょい後ろになってしまった...惜敗ってとこか。189名のエントリーだったが、実質出走人数170名ほど?でスタート。
 
古賀志林道に入る前に出来る限り前に上がっとく。大体先頭近くまで行けた。毎度のごとく、ハイペースで登る。でもここだけ耐えれば、一旦落ち着く。耐えられなければ、そこで終了。
 
キツイけど、そこまでゲロゲロになるほどではなかった。脚の調子も悪くないし、「これはもしや?」と思ったものの、油断大敵。
 
f:id:gonda555:20141115002645j:plain
(photo by abemaさん)
 
2周ほど続いたペースアップによって3分の1くらいは居なくなった?
 
今回自分は、無駄な動きはせず、終盤の古賀志で繰り広げられる、千切りあいに備えて体力温存!と決めていた。
 
ペースが落ち着いたときでも、動かない。
 
そうこうしてるうちに、あと3周ほど(だいぶはしょった)
 
もうこの時には、人数は3〜40名に絞られていた。ここからは毎周回の古賀志が勝負。
 
古賀志進入後、ポロポロ落ちていく選手たち。去年までの自分なら、ここで千切れてた。ただ、今回は結構脚回ってて、集団でクリアできた。残り2周からも同様。逃げが4名ほど出ていたが、残り2周の古賀志進入時点で、20名以下には絞られていたので、少しホッとしてしまった自分がいた。。。(反省)
 
最終周も集団内でクリア。逃げは決まってしまったので、残ったこの10名ほどのスプリントでしっかり一着でゴールすると決めて、残り1km...
 
京産大の選手が複数名居て、3人でトレイン組み、京産大の中井選手の後ろに付く形でスプリント。結構いい番手にいた。させるかな〜と思って踏んだものの、刺しきれず。ただ、モニターに映る速報を見たら10位!!これは正直だいぶ嬉しかった。全日本選手権の出場権を獲得!
 

 

f:id:gonda555:20141115003618j:plain
(photo by Doさん)
 
最近ロードで結果も出せてなかったし、キレのある走りも出来てなかった。けど、この結果を見て、強くなってきている!と感じれて良かった。ひとまず。
 
これで満足してるわけじゃないですけどね、もちろん。
 
あと忘れてはならないのが。
 
f:id:gonda555:20141115003447j:plain
(photo by 酒井さん)
 
故 青木 亮太さんのホイールを決戦用として使わせていただいてること。このホイール無しにはこの結果はなかったと思います。本当にありがとうございます、青木さん。これからも大事に使わせて頂きます。
 
今後のロードに関しては、この後、11/16の行田クリテ、11/23のひたちなかエンデューロと続きます。