読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんだサイクル

社会人レーサーのライド日記

スターライト幕張

レース 自転車
今期シクロクロス2戦目のスターライト幕張。去年の信州シクロクロス飯山ラウンド以来のナイトレース、だいぶ楽しみにしていた。
 
当日、自転車部の方の練習に出てから行こうとしたが、予定変更で朝から会場入り。試走や応援などしつつも、19時まで待つのはなかなか退屈であったw
 
それに加え、サイクルモードの併催で、ゾロゾロと幕張メッセから流れ込んでくるかと思ったら、夕方まではいつもの人達が集まって身内でレースしてる感じ、これは大丈夫か?ってのが率直な印象。
 
15時からの2回目の試走を終え、レースで使うタイヤはIRCシラクCXをチョイス。アルテグラとの組み合わせだが、よく走る。こういう芝のコースにはベストマッチだね!
日が暮れてくるにつれて人が集まってきてた。カテ1始まる前、スタートの列に並んで見渡すとビックリ。すげー人だ!
 
今回は1列目から。試走時点でも苦手なコースではないという感じで、「スタートから全力!」だけ意識してスタート。
 
f:id:gonda555:20141229160713j:plain
(写真  Kasukabe Vision FILMz )
 
 スタート後、アスファルトのストレート区間で何人か抜いて、4〜5番手でシケイン突入。その後のBMXコースのセクションは基本的に1列棒状で進んでいくことを考えると、良い位置だった。
 
その後は通称二曲坂。後にUPされた動画で、1周目からどん詰まりしていたのを見ると、本当にスタートは大事だと再認識!
 
そして1周目終わる時点で既に先頭パックが形成されてて、ここに入ることができた。小橋選手が一人逃げしていて、その後ろにカズ選手、小坂選手、そして自分。シクロクロス始めたての頃、スタートから先頭に立っちゃって、フワフワしながら走るあの感覚を思い出した。(経験ある人にはわかると思うw)
 
正直テクニックですごい差がつくコースではなく、このパックについていくことだけを考えればいいので、気持ちは楽だった。最後までへばりついて、学連選手の意地を見せつけたろう!という挑戦者の気持ちで!
 
動画などでは、4人パックで淡々と進んでるように見えるけど、実は細かなアタックが繰り返されている。特に小橋選手は本当に積極的だった。あの走りをあのパックでする力は自分にはなかった。
 
中盤過ぎ、周回遅れの選手たちを抜いていく。これがなかなか大変。星の形をした「スターライトコーナー」では、一人分の幅しかなく、周回遅れの選手たちが渋滞を作っていて、埋もれる。
このような状況を繰り返しているうちに、小橋選手、カズ選手が周回遅れの選手をクリアするが、小坂選手、自分がクリアできずに詰まってしまった。ここで差がつき、それを追いかけるべく踏む踏む。追いつきつつはあるが、残りの周回数を考えると焦りがあったと思う。
 
f:id:gonda555:20141229165122j:plain
(写真 有岡さん)
 
そして二曲坂進入。まさかの出来事が起きる。小坂選手が茂みにハンドルを取られ、体のみ下に投げ出されていた。
 
自分にとっては絶好のチャンスが訪れた。残り3周?くらいだったように思う。
この時すでに前2名とは離されていたが、そこに追いつけるように全力で踏んでいた。レース実況の声が小坂選手と自分とのタイム差を告げる。ジワジワと近づかれてる。前2人との差を考えると、3位を死守したい。ここで表彰台に上がるか否かは、とてつもなく大きな差だ。
 
ラスト1周、ミスはしないように、落ち着いて各セクションをクリア。チームメイトや家族、知り合いの応援も凄かった。今までで一番というくらいに。
 
その力にも助けられ、3位ゴール!
表彰台乗ったー。この大きな舞台で乗ったー。自分でも正直ビックリ。
 
f:id:gonda555:20141229170927j:plain
(写真 有岡さん)
 
地元から近いこともあり、家族、順大のチームメイト、高校時代の友人、いつも応援してくれてるお知り合いが多く現地に足を運んでくれていた。
 
ここで表彰台に上がれて本当に良かった。ゴール直後、みんなが自分を囲んでくれたあの瞬間に、涙が出ちゃいました。ありがとうございました。
 
そして、このナイトレース、最高に楽しかった。こんなに走ってて楽しかったレースはなかなか無いと思う。来年もやって欲しいね!