読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんだサイクル

社会人レーサーのライド日記

学連チームTT

学連主催のロードにおける大会で、唯一の団体種目なのがチームTTです。

チーム代表4名が出走し、3番目にゴールした選手のタイムによって争われるこの競技。
インカレの次に大きいと言えるこの大会は「ツール・ド・北海道」の出場権をかけた3つの大会のうちの1つであり、各校相当気合いを入れて臨んでいます。

我らが順大も、春先からTT練習を重ねてきました。
昨年は「5位」という成績でしたが、今年は表彰台を目指して取り組んできました。

このチームTT、エントリー時点においてはチームから6名を選出し、レース当日にコンディション等を考えて4名に絞ります。そのため当日まで誰が出るかわかりません。

昨年私は出場したこともあり、その6名の中には入っていました。
しかし、東日本選手権のスクラッチで落車した影響がまだ残っていて、万全な状態ではありませんでした。

ただ、チームTTまで少し時間があったので、精一杯の回復に努めるとともに練習を重ねていました。

選出されていた6名は、4年が3名、3年2名、1年1名。

特に1年生の石原は元々のポテンシャルが相当高く、正直自分なんかよりパワーはあります。

ですがチームTTというのは「団体種目」なわけですから、決めたスピードをいかに忠実に守ってローテーション出来るかという能力が問われてきます。

その点は私の方が経験上長けているというのもあり、チームとして誰を出すべきなのかをコーチも悩んでいました。

そんなこんなで迎えた当日。

メンバーを決めなければいけないので話し合い。
自分自身は行けるように準備はしてきたつもりですが、やはりチームとしては不安も残っている。
そして4年生3人を出すと来期が続かないということもあり、結果私は走らないことに。その代わり、1年石原が出陣。

走らないということは悔しくもあったけど、チーム全体のことを考えた結果なのだから、そこは受け入れて、しっかり送り出し全力でサポートします。

f:id:gonda555:20160603115253j:image

スタート前。特に初出場の後輩2名は相当緊張したでしょう。

f:id:gonda555:20160603150250j:image

スタート。主将としての精一杯の喝を入れました(笑)
往復30kmを2回。あとは本当に祈るのみです。

1本目、中間地点計測で3番手との情報が入り、4人で戻ってきました。コーラが入ったボトルを渡し、2本目に送り出します。
マジで頼むと走り去っていく方向にコーチと手を合わせたのは言うまでもありません!笑(本当にやった)

こちらもストップウォッチを握りしめゴールを待ちます。

f:id:gonda555:20160603152223j:image

戻ってきました。(間のことは選手たちにしか分かりませんのでアッサリです笑)

こちらの計測だと順大ゴール時点で3位!あとは他校のゴールを待つのみ。

選手の元に駆け寄ると、3年の原が感極まり泣いてました。自分もそれを見て、くるものがありました。彼は大学から自転車競技を始めて、相当な努力をしてました。本当によく頑張った、自分にはそれしか言えませんでした。

そのあとタイムを更新してくるとすれば京産大日体大

2校がゴールし、うちとのタイム差を計算すると、負けてました。

結果昨年と同じ5位でレースを終えました。

目標となる3位は取ることが出来ませんでした。しかし、長距離主任である伊藤はこの日のためにしっかりメニューを組み立ててくれました。他のメンバーもそのメニューを遂行し、やることはやった。

「結果が全て」

そう言われたらそこまでなんですが、なんというか、結果だけじゃない何かをこのチームTTは教えてくれた気がします。
走ってない人間が言うのもおこがましい話なんですけどね...。

f:id:gonda555:20160603154417j:image

やっぱり、このチーム最高だなと再認識。
表彰台は後輩たちに託しました。

気持ちを綴ったあまり、話のまとまりがなくなってしまいました...笑

さて、「ツール・ド・北海道」への出場権は、次、6/12に行われる学生個人ロードの結果次第となりました。

最後の年、最後の個人ロード。
自分の走りをするだけですが、それに向けてしっかり準備していきます。


「機材・メカニック・ピットサポート」
・Bicicletta IL CUORE 様(http://ilcuore.tokyo
・ORGA customshop 様
・青木亮太 様

「インナーウェア」
・MILLET JAPAN 様
・野口商会 様

「ソックス・ヘッドバンド」
・mesutta inc.様

「ボディーメンテナンス」
・ひまわり整骨院

「フレームコーティング」
・TEN GARON CAP 様

いつもありがとうございます。