ごんだサイクル

社会人レーサーのライド日記

2017QiansenTrophy UCICycloCross 第2戦

すみませんレポートアップが遅くなりました(汗

なんとか社会復帰しておりマス。

 

前記事の第1戦から第2戦終了までのレポートです!

 

f:id:gonda555:20170915070748j:image

f:id:gonda555:20170915071211j:image

 

9/4、2戦目の会場近くの宿へバスにて移動し、到着後にコース試走〜

 

アスファルト区間も多くあり、1戦目よりもスピード域の高く、締まっている路面状況によりかなりバンピーなコースです。

 

空気圧のセッティングが難しかったのですが、転がり抵抗を意識して、「跳ねないぐらいでギリギリまで高く」しました。

高すぎると跳ねる、低すぎるとタイヤがよれるという状況だったのでかなり悩みました。

 

セッティングがある程度決まった後はトップ選手の後ろについて試走。

いやぁ...ガッカリするくらいにスピードが違う( ´Д`)

それでもまだ流してる感じでしたけど...ギアはかかってる感じなんですが、それでも重そうに見えず、こっちはセカセカ回してなんとかついていってる感じ。でもコーナー毎で離される...

というのもコーナーの立ち上がりが自分より1秒くらい速い。

 

同じライン同じスピードで走ってると自分では思ってたんですが、踏み出しが遅れます...。

しかしながらかなり貴重な経験をさせてもらいました。自分が思っていたラインとは違う場所を走っていてなるほどな〜と感じたセクションもありました。

 

そんなこんなで試走終了。

 

f:id:gonda555:20170915073637j:image

f:id:gonda555:20170915073703j:image

f:id:gonda555:20170915073845j:image

 

 その日の夜は近くのマッサージ屋に。

全く会話通じなくて、GIANTさいちんさんが中国語の通訳してくださった。

 

薬草に足を浸けてからマッサージされました。

なかなか面白いオバさんになぜか大爆笑されてたのはなんだったのかは未だにわからないw

 

f:id:gonda555:20170915120915j:image

 

んで翌日は万里の長城へ。

 グレートウォールはグレートでした。

 

f:id:gonda555:20170915120959j:image

天才4人組!

 

f:id:gonda555:20170915121101j:image

f:id:gonda555:20170915121129j:image

f:id:gonda555:20170915124803j:image

午後からは再度コース試走。

空気圧のチェックを再度行いました。

跳ねるのを嫌って、1度目の試走時より若干落としてみました。一長一短ありますが、この空気圧で行こうと決めます。

 諸々準備して早めの就寝。

 

f:id:gonda555:20170915124843j:image

 

2戦目レース当日〜

色々と準備でバタバタしていたものの、今大会の会場の雰囲気にも慣れてきて、落ち着いてスタートに臨むことはできたと思ってます。

 

f:id:gonda555:20170916103154j:image

Photo by あべまさん

 

1戦目は最後尾からのスタートでしたが、2戦目は真ん中あたりからのスタートとなりました。

コース幅が狭くなりながら1コーナーに突っ込んでいく形なので、この差は大きいと思います。

 

1戦目でもスタートダッシュからの1コーナーで落車が起きていたので、その点を注意しつつ、号砲が鳴りました。

 

スタート後の突っ込みは正直ヒヤヒヤ。

バンピーな路面でみんな跳ねつつどこから吹っ飛んでくるかわかんね〜みたいな感じです。

落車等巻き込まれることもなくクリアし、丸太で作られた階段2連発。

 

スターライト幕張のコースの上り下りの上りが階段みたいなイメージです。

階段からそのまま舗装路のストレートを抜け森区間へ入っていきますが、ここからのスピードの上がり方についていけません(汗

 

抜きどころがあるためガンガン抜かれていきます。

 

 f:id:gonda555:20170916104346j:image

(Photo by あべまさん)

 

パックで走らないとペースがガクッと下がり、まるでロードレースをしているようです。

 

あと一つ、痛恨のミスだな〜と思ったのが、前日試走の際に決めた空気圧。

試走の際も、本番と同様のペースをイメージして走って、その時の感覚で決めるのですが...

 

本番、特に序盤のペースはそれより更にスピードが上...。

跳ねるのを嫌ってギリギリタイヤがよれないところでセッティングしていたため、路面が舗装路に切り替わる瞬間や、角度がついているセクションではかなり神経を使わされました。

 

f:id:gonda555:20170916105436j:image

(Photo by あべまさん)

 

中盤にはトップ選手たちは遥か彼方、25〜30番手の小さいパックで周回を重ねるも、1コーナーにオーバースピードで突っ込んで跳ねて制御できず木に突っ込んで更に失速( ´_`) 

 

f:id:gonda555:20170916105704j:image

f:id:gonda555:20170916105715j:image

(Photo by あべまさん)

 

終盤は一人旅となってしまい、半周先の対面で走るトップ選手たちを横目に見つつなんとか完走を目指して走っていました。

 

最後はギリギリ完走すべりこみ、37位でフィニッシュしました。

 

今の自分の実力だと、これが精一杯でした。

 

この2戦を海外選手たちと走って、レベルの差がありすぎてガッカリするどころか果たして彼らと同等に走ることは無理なんじゃないか?というのがゴール直後に思った本当に正直な感想です。

自分なフィジカルレベルを何段階も上げないとあのレベルでは走れないと感じました。

 

あとは色々とこの遠征を通じて考えさせられる部分があったのですが。自分の中で考えをまとめて、今後の競技活動に繋げていきたいと思います。

 

f:id:gonda555:20170916111216j:image

 

最後に、国際レースを2戦走らせて頂く機会を与えてくださった皆様、貴重な経験をさせて頂きありがとうございました!

これから始まる国内シリーズに向けて頑張っていきたいと思います。

 

 〜サポート〜

#BiciclettaILCUORE #MILLET #SMANIE #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

 

ありがとうございますm(_ _)m

 

2017QiansenTrophy UCICycloCross 第1戦

中国CX遠征1日目から第1戦を終えるまでのレポートをお届けします〜

 

9/1夕方成田から北京国際空港に向け飛び立ちました。

 

f:id:gonda555:20170904123801j:image


9/1深夜に現地宿へ到着。

 

f:id:gonda555:20170904123914j:image

 

万博公園内のホテルだったので、イメージよりも遥かに綺麗なホテルでした。
トランスフォーマー的なアレがお出迎えです(´-`)

 

f:id:gonda555:20170904124008j:image

 

9/2午前中はコース試走。

 

f:id:gonda555:20170904124015j:image

f:id:gonda555:20170904124101j:image
コース試走は2時間で、初めはコースをしっかり覚えることに専念します。日本チームである程度まとまり、小坂光選手を先頭に数名パックで周回。
細かいコーナーが多く、スピードを殺さずにスムースに走ることが求められますが、山の中にコースがあるのでしっかりトルクをかけて踏んでいく必要もあります。
コース中盤にはコンクリートの直登していくセクションがありかなり脚が削られていく印象でした。

前回も出場しているヒジリに聞くと、「去年と微妙に変わってる」とのこと。
どうやらそのコンクリート直登のセクションは前回は無かったようです。

ひとまず3周ほどしてから空気圧の調整。
土質は固く、空気圧を上げると跳ね、下げすぎるとよじれるのでその間を探しながらまた周回を重ねました。


セッティングが決まったところで試走終了。

自走で宿に戻り、昼食。

 

 

午後からは軽くロードワークへ🚴‍♀️
合間にインターバルを少し挟みながら20km程度走りました。

 

f:id:gonda555:20170904124342j:image

んで夕食はウェルカムパーティ。
レース前日で炭水化物食べたかったけどあまり出てこなかった( ´Д`)
終了後すぐに就寝。

 

9/3、第1戦レース当日

朝食を食べて少しマッタリ、また昼食食べて走る装備でコースへ自走移動。

到着後、再度コースを試走します。
コースコンディションが若干変わっており、前日の試走時より更に乾いているしかなり跳ねる...
諸々考えて空気圧を落としました。(数値としては0.03程度)

 

f:id:gonda555:20170904152926j:image

f:id:gonda555:20170904173344j:image

 

昼の試走終了が13時、レーススタートは14:45なのであまり時間はない。日本チームテントで補食と水を摂りつつ、準備して20分程度アップ。

 

んでいよいよコールアップ。
観客席なども用意され、国際レースということもあって日本国内のレースでは感じることのできない雰囲気です。

 

ゼッケン55番で最後列からのスタートではあるが、スタートに苦手意識はないので空いた隙間から前に出ようと考えながら小さな「シャッス」を囁いてスタートw

1コーナーは路面がコンクリから砂利に変わる。
前方でいきなりすっ転んでいる!
これは自分としてはラッキーで冷静にイン側からクリアすることができました。

 

f:id:gonda555:20170904124524j:image

(Photo by あべまさん)

 

最後列から20番手あたりにジャンプアップすることに成功しますが、その後細かいコーナーで海外選手に抜かれていきます。
躊躇なく当たってきてインから突っ込んできます。俺避けてしまう...これが違いかと身をもって知る...

 

f:id:gonda555:20170904124556j:image

 (Photo by あべまさん)

 

徐々に後退し、コンクリ直登セクションでも更に抜かれていく...ギアの踏み方違うわ(泣

序盤はただそんな感じで前に出たは良いものの抜かれていくだけ。ついていきたいんだけど細かいコーナーで徐々に差がついてしまいます。

 

f:id:gonda555:20170904125013j:image

f:id:gonda555:20170904125030j:image

(Photo by あべまさん)

 

中盤からは30〜40番手あたりで走行します。このあたりのパックは脚力的には自分と同じくらいで、ここのパックで周回を消化。

 

f:id:gonda555:20170904125125j:image

(Photo by あべまさん)

 

1周のペースが安定してきたのと同時に、後半は心拍も一度落ち着きもう一度踏み直していきます。

前方から降ってくる選手をクリアしつつ、残り3周は3人パックで。

残り1周になるところで1人千切れて2人で最後ゴールスプリント...ぴったり後ろにつかれ刺されました(汗 

 

結果34位でフィニッシュしました。

 

 

1戦目で感じたのは、自分は思っている抜きどころよりも、他の選手たちは隙が少しでもあれば突っ込んで抜いてくること。
そのために前の選手との距離感やライン取りも違ってるし、今自分が持ってる引き出しはかなり少ないんだなと思わされました。

フィジカルの差も歴然だし、持ってるフィジカルの使い方もうまいなと感じました。

初の海外レースを走ってみて、国内のレースとはレースの中身が違いますね。

色々吸収したことを9/6の2戦目にフィードバックできるようにしていきたいところです。

 

今は2戦目のコース近くの宿に到着してます。

まずは2日間しっかり体を休めて、また6日出し切ってきます!

以上1戦目までのレポートでした。


サポート
#BiciclettaILCUORE #MILLET #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

 

サポートありがとうございますm(__)m
 

JPTやいた片岡ロードレース

クリテに続き2日目のやいた片岡ロードレースのレポートデス。

 

JPTは土日連戦ということもあって、土曜の疲れをいかに残さず日曜走れるかってのが肝になります。(トップ勢のように役割がハッキリしてれば関係ないのかもしれませんが)

 

あまり疲れは残っていない感じで迎えることができました。

 

f:id:gonda555:20170804174222j:image

f:id:gonda555:20170804174232j:image

 

今回のレースは、テントの場所が駅前のロータリー!

駅の階段を降りてすぐMERIDAテントとCIERVOレガシィーが見えるという好立地であります!

 

f:id:gonda555:20170804174424j:image

(Photo by ナンシー鈴木さん)

 

レースは11:50からで、会場入りは8時過ぎ。

少し時間があるのでブースで和気藹々。

イケメン西沢キャプテンはやはりイケメンである( ´Д`)

 

初めてサイクルロードレースを見に来た人には選手との近さに驚くかもしれませんね〜

 

f:id:gonda555:20170804174857j:image

 

そして相棒たちとばっちし写真撮っておきましたw

 

 んでボチボチアップ開始。

前日乗ってることもあるので、アップ短めにしようかと思いましたが、今回のレースは100kmいかないので序盤のペースアップに備えて40分くらいはローラーしました。

 

f:id:gonda555:20170804201750j:image 

 

ローラーとレースのドリンクは大塚製薬OS-1パウダー。隠れ脱水防止!!飲みやすいですよ。

パウダーは遠征でかさばらないのも◎

 

飛びますが、準備を終えレース開始です!w

 

今回のコースの鬼門は結構勾配のある(7〜8%くらい?)二段の登りと、スタートゴール直後の道幅の狭いヘアピン。

 

レースの流れとしては、二段の登りでふるい落としがかかり、そのまま下りへ進入、スタートゴール直後のヘアピンで1列棒状になります。

そのため、後ろはかなり足を削られます。

 

f:id:gonda555:20170804202755j:image

(Photo by 小林さん)

 

この展開になるのは予想できていたので、前方に位置して走行。

 

二段坂でキツくなっても、集団は棒状に伸びてるため前で走ればマイペースで登っても後ろにくっつけます。

自分の中で体力を削らない走り方はそんな感じですね。

 

しかし、9周のうち中盤に差し掛かるあたり、、

 

f:id:gonda555:20170804203139j:image

(Photo by 小林さん)

 

二段坂の毎回のペースアップにしんどくなり、徐々に集団後方へ。

こうなると地獄の展開。休む暇がありません。

 

f:id:gonda555:20170804203258j:image

f:id:gonda555:20170804203305j:image

 (Photo by 小林さん)

 

残り4周あたりで、ついに集団から千切れます。

序盤で半分の選手は居なくなってる感じの展開でなんとか我慢してきましたが、無理だった〜...。

 

その後はHONDA栃木の選手とローテーションして周回しますが、残り3周で降ろされてしまいました。

 

調子自体は悪くなかったのですが、インターバルがかかり更にもう一段階のスピードアップで必ずついていけなくなります。

 

ここをどうにかしないと...

 

といってもすぐに力がつくわけじゃないので、辛抱強く頑張りたいと思います( ´Д`)

 

以上やいた片岡ロードレースのレースレポートでした。

 

皆様いつも応援頂きありがとうございます、今後とも宜しくお願い致します!

 

次戦ですが、8/26(土)のつくばエキシビションクリテリウムに出場予定です。

 


チームサポート
#MIYATA #MERIDA #MAVIC #東京サンエス#OGKKABUTO #SMANIE #WAVEONE #FOOTMAX #ATHLETUNE #OS-1

個人サポート
#BiciclettaILCUORE #MILLET #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

サポートありがとうございますm(__)m
 
 
 

JPT大田原クリテリウム

f:id:gonda555:20170803222344j:image

(Photo by 小林さん)

 

遅くなってしまいましたが、先週土曜日に行われた大田原クリテのレースレポートです。

 

f:id:gonda555:20170803222548j:image

 

金曜夜、仕事を終えて現地入り。関西組と合流して当日を迎えます。

 

朝からひたすら降り続ける雨に憂鬱になりつつ、予選の準備。JPTの予選は「スンナリイケる」って感じじゃないので正直毎回ヒヤヒヤさせられます。汗

 

しかしながら、今回の予選は実質的なエントリー数が大幅に少なく、私が出場する予選1組目は50人上がりで50人居ないという状況w

 

8周するところを、3周のパレードとなった上に落車さえしなければ上がれるという、かなりイージーな予選に(笑)

2組目は普通にレースしてましたけど(´-`)

 

お陰様でリラックスして決勝を迎えることができました。

この頃にはなんとか雨は止み、路面はドライ。

 

コースレイアウトは真四角なので、1周で4回立ち上がりがあるイメージ。後半に備えるためにコーナーをロスなくクリアすることを意識してスタートしました。

 

f:id:gonda555:20170803223503j:image

(Photo by 小林さん)

 

集団の後ろには極力下がらないという意識だけ持って走行。立ち上がりの多いクリテは、後ろにいるだけで足使います。そしてコーナーではアウトラインで。

 

インから差して位置を上げていく選手も多いですが、回数を繰り返すうちに自然と足が無くなっていくような気がします。

 

逃げがチラホラ出るも吸収を繰り返し、レースは中盤。ここからだ〜ってとこで集団真ん中あたりで落車が、、、

 

巻き込まれそうになりましたが、なんとか回避しました。

そしたらそのままレース中断( ´Д`)

 

なんとなーくいい感じで走ってただけに拍子抜け... 20分くらい待って再スタートです。

 

f:id:gonda555:20170803225419j:image

(Photo by 小林さん)

 

周回数が減り、周回を消化するとあっという間に残り5周の表示。

 

このあたりから各チーム固まり始め、ゴールスプリントに向けてペースアップします。

 

シエルヴォも5人残ってたので、これはうまくいけば上位もいけそうな予感。

 

残り4周?か3周半あたり、集団がピリピリモード。この時のピリピリ感はクセになる〜

 

と、ここでアクシデント!

シエルヴォ2名が落車( ´Д`)

 

集団前方で残ってるのは雅道さん、福岡さん、そして自分。

 

残り2周、かなりのペースアップ。

 

f:id:gonda555:20170803231409j:image

(Photo by 平賀さん)

 

自分はブリッツェントレインの後ろにうまく入れました。雅道さんも違うトレインに乗っかってるのが見え、どこかでうまく合流して最後行こうと思いましたが、もうこのラインしか走れない!

 

残り1周、さらにペースアップ。

1コーナーで15番手あたり?

 

このまま乗っていけばいける!って思いましたが、速い、、、速い( ´Д`)

 

裏ストレートでつき切れ。。。

 

結果24位フィニッシュとなりました。

 

んー、悔しい!

 

明らかにトップスピードが違いました。

今のところ位置取りだけでなんとか走ってる感じで、最後に力負けしちゃいます。

 

今の結果に満足はしてないですけど、なんか感触を掴んだ感じもあったレースでした。

 

f:id:gonda555:20170803232628j:image

 

今回のレースでやっぱいい製品だな〜と思ったのがOGK KABUTOのグローブ、SPG-6。

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/glove/prg/prg-6.html

 

予選で序盤雨降って、途中から止んできたときに、すぐに乾いてしっかりグリップします。

バーテープもOGKですが、このコンビだと下ハン握ってモガいても全く滑りませんね。

特にレース志向の方へオススメします!

 

以上大田原クリテのレポートでした。

 

次のレポートは翌日の矢板ロードです!

 


チームサポート
#MIYATA #MERIDA #MAVIC #東京サンエス#OGKKABUTO #SMANIE #WAVEONE #FOOTMAX #ATHLETUNE #OS-1

個人サポート
#BiciclettaILCUORE #MILLET #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

 

サポートありがとうございますm(__)m
 
 
 

 

 

西日本ロードクラシック2Days

f:id:gonda555:20170702181016j:image

(Photo by 小渡さん)

 

昨日から2日間、広島の中央森林公園にて行われたJPT西日本ロードクラシックに参戦してきました。

 

f:id:gonda555:20170702181429j:image

f:id:gonda555:20170702181458j:image

 

空路で現地入りし、早めに着いたためまずはお好み焼き食べましたw (余談ですが、広島の人に広島風お好み焼きというと怒られるらしいので気をつけてください笑)

 

腹ごしらえを済ませ小西さんに空港で拾って頂き1日目の準備。

1日目は中央森林公園12.3kmの周回コースを6周します。

 

f:id:gonda555:20170702181326j:image

 

この季節、#HALOHEADBAND 必需品!

最近は私のMERIDA SCULTURAピンクに合わせてピンクを使うことが多いっす笑

 

ローラーを済ませてそそくさとスタートラインへ。

 

6周なのでハイペースな展開が予想されますが、このコースを走るのは初めてなのでスタートも真ん中あたりから。

初め様子見ながらコースを覚えて、雰囲気を掴む感じで行こうと思いましたが、1周目からガッツリペースアップでヤバイ感じでした。

 

スタート直後はテクニカルな下り区間が続き、その後通称「3段坂」と言われる登りを超えていきます。

特にその3段坂はきつかった...

 

下りの感触を掴み、2周目は集団前方に位置し走行。しかし3段坂でいきなり踏めなくなりました...。頭もクラクラし始めるしなんじゃこりゃーな状態で集団ともさらば。

 

かなり暑かったので熱中症気味なのかダメそうだったのでそのまま降り、DNSとなりました。

宿に帰って諸々準備したらすぐ寝ました(´-`)

 

2日目。

2日目は同じコースを12周。レースレーティングAAAAということもあり、各選手狙ってきます。

1日目よりは良い走りをしたいし、そろそろまずは完走しないとというプレッシャー?が凄いんですが、何考えてもどうしようもないかと切り替えて早めにアップを始めます。

 

心拍が若干上がりづらい感じですが特に変わりはなくアップ終了。

 

#ATHLETUNEと#OS1注入した後、補給食しっかり持ってスタート。

 

序盤、散発的なアタックはあるものの基本的にゆっくり。

3周ほどクリアし、徐々にペースアップしていきます。

 

正直、若干キツイなーという感じですがなんとか持ちこたえます。

しかしまたしても3段坂で...

1段目と3段目が勾配きついのですが、最後我慢できずメインから千切れます。

 

f:id:gonda555:20170702184658j:image

(Photo by Shizu Furusakaさん)

 

その後グルペットで周回を消化しますが、残り5周を残して降ろされてしまいました。

 

広島まで来て、あまり内容もなくパッとせずに終わってしまいました。

 

ネガティブな話をするのもどうかと思うのですが、大学時代からすると(大学時代もどうなのかと言われればそこまでですが)全く走れず、我慢できなくなり、ただ集団について行くことだけで精一杯です。

レースレベルは確実に上がっていますが、力が落ちているのは事実です。正直心が折れそうです...。

合わせて、社会人レーサーとして互角に戦っている中村龍太郎選手や小坂光選手の凄さを再認識しています。元々そうなりたいと思ってJPTに挑戦しましたが、今のままじゃ全く届かないですね。自分に喝入れないと...。

そして自分に会ったら喝入れてください(´-`)

 

今回のレースでは、シエルヴォ奈良のサポーターの皆様も会場まで足を運んで頂きました。不甲斐ない走りで申し訳なく思いますが、いつも声援頂き、心強いです。ありがとうございましたm(._.)m

 

f:id:gonda555:20170702190000j:image

f:id:gonda555:20170702190036j:image

f:id:gonda555:20170702190056j:image

レース終了後は、#奈良スバル さんからご提供頂いているチームカーのレガシィで帰路の途中に尾道に寄りました。

メイン商店街の尾道通りには #MERIDAのロードのレンタルをやってるショップもありましたよ!

手ぶらで来てこれでしまなみ海道走れるとか最高ですね〜🚲

 

広島のレポートはこれにて終了です。

レースの中身をもっと書けるように次戦頑張ります( ´Д`)

これから成田へ飛び立ちます!

 

f:id:gonda555:20170702191408j:image

 

 

チームサポート
#MIYATA #MERIDA #MAVIC #東京サンエス#OGKKABUTO #SMANIE #WAVEONE #FOOTMAX #ATHLETUNE #OS-1

個人サポート
#BiciclettaILCUORE #MILLET #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

 

いつもサポートありがとうございますm(__)m
 
 
 

 

JPT那須ロードレース

先週日曜日に行われたJPT那須ロードレースに参戦してきました!

 

前日のクリテリウムは仕事のため出場できず、土曜夜着で会場入り。

すぐに雅道さんと今回より新加入となった伊藤、福岡両選手を狭いミニに乗せ、雅道さんの骨を労わりながらチーム員全員でご飯へ(笑)

 

伊藤選手は順天堂大学自転車部で4年間を共にしてきたので、違うチームになっても同じチームという面白い現象で変な感じ。(笑)
福岡選手もシーズンイン前の合宿で1週間過ごしましたので、すんなり溶け込んでいました。(個人的にはアルファGTV乗りだったというのが激アツです)

 

そして当日。

 

ゆっくりめの出発で会場入りしたらすぐ準備。
ステージに立ってからのスタートサインがあるとのことで、早めにアップ開始です。

アップ最中に#ATHLETUNE 赤注入!

 

f:id:gonda555:20170615212304j:image


そんなに調子悪くはなさそうな感じ!

アップを終えてステージへ。

 

f:id:gonda555:20170615212355j:image

f:id:gonda555:20170615212405j:image

(Photo by リツコさん)


まさかの雅道さんにトークを振られ、ナスとナラで盛り上がりましょー!的なことを言って微妙な笑いを取ってきました(´-`)

 

f:id:gonda555:20170615212454j:image

(Photo by あべまさん)

 

色んな意味で終了後、スタートラインへと並びスタート(笑) 

 

 

スタートから市街を抜け下りへ。
全日本選手権と一部同じコースのため、まったく経験がないわけではなく少し気が楽。
60km/hオーバーで下りながらの緩い右コーナーへ進入しようと思った時に... 

 

嫌な落車音が...

 

後ろを振り返ると、60〜70人くらい居たはずの選手たちが全員吹っ飛んでる!
同じチームの伊藤が一回転しているのが一瞬見えて、無事を願いながら走行します。
1周目ラスト2kmの登りで、レースがニュートラルに入りました。

 

あれだけの落車を見たのは久々だったのでそうなるだろうとは思ってました。伊藤の他に福岡さんも巻き込まれたとのことで、伊藤は復帰できましたが福岡さんもかなり酷い状態で救急車で運ばれるとのこと...

どんな状態か分からなかったですが無事を祈るしかなく、30分ほど挟みレース再開です。(終了後福岡選手は全身擦過傷ですが大丈夫とのことでした)

 

 

直後、逃げが出来て小渡さんが乗っていきました。
集団にすぐ吸収され、その時に「お前もいけ」との指令を受けました。

決まりそうな逃げが出来たのですが、その時点で集団の後ろに居てしまい乗ることができず...

完璧に主要メンバーが行ってしまい集団はマトリックスを中心に抑えモード。

 

f:id:gonda555:20170615212734j:image

(Photo by Shizu Furusakaさん)


そのままレースは中盤にさしかかり、うちのチームも伊藤と自分しかいなくなりました。

どこがで行かなきゃなーと思ってたら、アンカー初山選手が飛び出し、そこに自分も乗っかって行こうと飛び出しました。

ブリッツェンの鈴木 譲 選手がすぐにチェックに来て、集団も道連れ。
これはもう万事休す...

 

40名ほど居る集団は抑えモード全開で、そのままタイム差が開き、残り3周ほどを残して集団全員タイムアウトとして降ろされました。

 

正直前までは走れてきている感じだったのでかなり残念ですが、レースを見極められなかったのが悪かったです。
JPTで走り始めてから、周りの選手のレベルの高さに消極的な走りになってしまっている気がします。

 

現状トップを取れる選手ではないのは明らかですが、今時点で何ができるか、考えながら走ることを今一度徹底したいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!
いつも応援してくださっている皆様、ありがとうございますm(__)m
引き続き頑張りますので、宜しくお願い致します。

 

余談

f:id:gonda555:20170615212843j:image

順大長距離班OBでのショット📸

背中を追ってがんばるぞ!

 

f:id:gonda555:20170615213310j:image

MERIDAテントの横で布団干しとなる俺のミニ(´-`)

(Photo by あべまさん)

 


チームサポート
#MIYATA #MERIDA #MAVIC #東京サンエス#OGKKABUTO #SMANIE #WAVEONE #FOOTMAX #ATHLETUNE #OS-1

個人サポート
#BiciclettaILCUORE #MILLET #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

 

サポートありがとうございますm(__)m
 
 
 

 

東日本ロードクラシック2Days

f:id:gonda555:20170427090313j:image

(Photo by 三井さん)

 

JPT第3戦・第4戦となる東日本ロードクラシック2Daysで社会人になってから初となるレースを迎えました。

 

仕事の方は色々覚えることが多く、能無しの自分はテンヤワンヤしています。笑

平日は帰宅後ローラーを乗ったりしていましたが、生活のリズムに慣れていないためか、疲労感があって全く乗らない日も正直ありました。

 

そんな中で本番を迎えます。

 

f:id:gonda555:20170427091528j:image

 

今回は諸事情によりチームでは私のみの参加となりました。単騎決戦でチームで動けないのは不利ではありますが、とりあえず場数を踏んでJPTのレースに順応したいところです。

 

・Day1

スタートが14時なので当日朝入りで受付、監督会議等を済ませてアップ。1時間くらい回してました。

だいぶ端折りますが、スタート。

 

f:id:gonda555:20170427092545j:image

(Photo by Shizu Furusakaさん)

 

Day1は20周120km。Day2もあるので、序盤は落ち着いた感じで行くのかな〜と勝手に思ってたのですが、甘すぎました(´-`)

 

とりあえず逃げを決めさせるまでは序盤からペース上がったり下がったりで、すでに足削られる。。。

集団の中でずっとついて様子を見ていました。でも休みどころがないというか、常にスピード域が高いです。

あまり動けるような脚もなく、常にヒラヒラ集団の中で留まってました。

 

f:id:gonda555:20170427093255j:image

(Photo by Shizu Furusakaさん)

 

JPTのレースを走って学連との明らかな違いは、もちろんスピードとかも違うのですが、前にいるのと後ろにいるのでは圧倒的に力の削れ方が違うということです。

下りからの立ち上がりで後ろにいると、1列棒状に伸びて、自然と踏まされます。

ここで位置取りの重要さを痛感されました。

 

f:id:gonda555:20170427094400j:image

(Photo by Kensaku Sakaiさん)

 

位置取りも下手くそで、ズルズル後ろに下がって足を使うということの連続で、中盤以降ガクッと疲労感がきて、なんとか耐えるのが精一杯という感じでした。結局終盤で千切れてしまい、DNFとなりました。

 

・Day2

 

f:id:gonda555:20170427095101j:image

(Photo by ナンシー鈴木さん)

1日目の疲労はさすがに抜けきることもなく、2日目のスタートラインへ。

しかも2日目は22周132kmってんだから、、、昨日より長いのかいな(´-`)

 

でもDay1での反省を踏まえて走れるので、 位置取りを意識して走ろうと思いつつスタートです。

 

f:id:gonda555:20170427122250j:image

(Photo by 伊藤 徳嗣さん)

 

心臓破りの坂まではアップダウンが続き、そこで前にいると心臓破りで楽になると学んだので、前の方で走ってました。しかしながら、中盤以降からまたしてもズルズルと後退....

 

1日目のダメージなのか心拍もかなり上がってるし、正直キツイ...。

 

f:id:gonda555:20170427122605j:image

(Photo by 伊藤 徳嗣さん)

 

やっぱり2日目と同じような展開で、結局集団にいるのが精一杯になってしまい、追い打ちをかけるように右膝に若干痛みも出てきました。

 

f:id:gonda555:20170427122809j:image

(Photo by 加藤さん)

 

結局Day1よりも早く千切れてしまい、こちらもDNFとなりました。

 

2日間走ってみて、そもそもこの強度に耐えられる身体になっていないと感じました。

他の選手たちを見ると身体が大きいし、それでいて登れてるし...。

誤魔化して走れるような強度ではないので、カラダを大きくして高強度に耐えられるようにしないと、今の自分ではJPTは全く通用しないと痛感した次第です。

 

今すぐに走れるようにはならないと思います。仕事を言い訳にはできないので、時間を有効活用して練習していきたいと思います!

今後とも応援頂けますと幸いですm(__)m

 

今回の群馬では、単騎での参戦だったため沢山の方々にお世話になりました。

監督会議等に出て頂いたフルサカさん、補給して頂いたマエジマさん、サカモトさん、スタート前や心臓破りの坂で応援頂いたナンシー鈴木さん、誠にありがとうございましたm(__)m

 

 


・チームサポート
#MIYATA #MERIDA #MAVIC #東京サンエス#OGKKABUTO #SMANIE #WAVEONE #FOOTMAX #ATHLETUNE #OS-1

 

・個人サポート
#BiciclettaILCUORE #MILLET #HALOHEADBAND #TENGARONCAP #HOTBANKUSA #ひまわり整骨院

 

サポートありがとうございますm(__)m